Shiroのファブリックソフナーで上品な気分に

 

梅雨に入り、雨の日が多くなりましたね。この時期は外に洗濯物が干せなかったり、乾きにくかったりと・・・洗濯物のことを考えると憂鬱な気持ちになりがちです。

 

そこで、少しでも洗濯が楽しくなるようにちょっとリッチなShiroのファブリックソフナーをご紹介したいと思います。

 

 

Shiroとは?

北海道・砂川市にある化粧品メーカー“LAUREL(ローレル)”が手がけているブランドです。2015年に“LAUREL”から現在の“Shiro(シロ)”にブランド名を変更しました。「自分たちが毎日使いたいものを作ること」をコンセプトに、自然の良さを最大限に引き出すことにこだわっています。スキンケアシーリーズでは、かごめ昆布・酒かす・生姜など国産のものを使用し、自然の素材を活かして作られているので安心して使えます。

 

ファブリックソフナーって?

“柔軟剤”です!

こちらがShiroのファブリックソフナー。

 

 

 

 

 

今はこの2つの香りを使っています。

・sakura219

・ピオニー

sakura219は春限定だったので、今は販売されていません。

ファブリックソフナーの定番の香りは6種類あります。

①サボン

②ホワイトリリー

③ホワイトティー

④マンダリンオレンジ

⑤フレンチサボン

⑥ホワイトペア

sakura21のように期間限定の香りも発売されるので、様々な香りが楽しめるんです。

 

価格は?

520mlで1800円+税になります。市販の柔軟剤に比べるとお高めです。

 

使ってみての感想は?

洗濯物がふわふわになります。そして、何と言っても香りが素敵なんです。きつい感じではなく、程よく香り、さらに持続してくれるのでいつまでもいい香りに包まれます。洗濯機から出すときは本当にテンションが上がりますよ〜。お値段が少々お高いので、私は主にシーツなどのリネン類を洗う時に使っています。普段使いする時もありますが。そして、ちょっとしたプレゼントにも最適だと思います。皆さんも是非、使ってみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です