看護師1年目を振り返る。辛かったけど、今では財産!

こんにちは。看護師のmomoです。

この前、看護師1年目からお世話になっている先輩と同期とご飯を食べに行ってきました。私を含めて5人です。

ふと、1年目の自分を思い出してみることに…

momo
ん?何かあまり思い出せないぞ!でも、とにかく毎日辞めたい!!!って思いながら働いていたことだけは鮮明に覚えているぞ。

そうなんです!

看護師なんか辞めてやる!!!

毎日毎日同じこと思いながら働いてました。

部署に配属されて3日後から残業、残業、残業!

当時は、すぐに先輩看護師と一緒に患者さんを受け持ちしていました。今じゃ考えられないですよね。自分でも怖くなってしまいます。そして何より、ミスしなくてよかった…

勤務終了後には経管栄養や吸引について先輩から指導があり、帰りは遅かったような、、そして4月が終わって待ちに待ったGWを迎えるのですが、友達とご飯に行く以外は死んだように寝てました。寝ても寝ても眠くて、、

momo
あ〜あと○日で休みが終わる。あと○時間で仕事だ。行きたくない。本当に鬱。もう辞めたい。

それから徐々に担当する患者さんの人数は増えて、、点滴管理やドレーン管理などもして、、手術患者の担当や化学療法、、1年目の終わりくらいには人工呼吸器管理も、、

本当に毎日がいっぱいいっぱいでした。

でもこれは誰もが経験を積んで成長していく過程なので、仕方ないですよね。

何がストレスだったかというと、それは人間関係!

momo
部署に配属されて、自己紹介をしたあの日。先輩たちはとーっても優しかったんです!でも数日後には鬼みたいでした笑。

では、実際に私が経験してきたことをご紹介します!

・男性清拭日、受け持ちが全て寝たきりの男性患者さん

チームで協力というスタンスではなく、個人プレーのオンパレードな環境だったのでもちろん手伝ってはくれません。

・ナースコールが多い患者さんを毎日のように担当させられる

先輩たちは絶対に自分の担当患者さんのナースコールにしか出ません。

・これは2年目の出来事になりますが、清潔ケアを全て私を後輩の1年目にやらせて先輩は定時に帰る

いつもケアしないで、電子カルテにへばりついている先輩でした。

・先輩2人との夜勤。その2人がとっても仲悪くて、私に八つ当たり

これはあるあるですかね?見苦しかったなぁ〜。

・休憩室での会話がスタッフの悪口を言う

その日のいないスタッフがターゲットです。私も言われてるんだろうな〜って思ってました。

・日勤は必ず入院をとらされる!

勉強だからねって言われたけど、違う!自分がとりたくないだけ。

momo
愚痴みたいになってしまいましたが、これはほんの一部なんです笑。

こんな毎日を送るのは辛かったですが、先輩全員がこのようなお方ではなく…

優しい先輩が3人と信頼できる同期1人がいたので、心の支えでした♥同じ勤務の時は本当に助けてもらえて、、看護師11年目になった今でもこうして一緒にご飯を食べに行けるなんて当時は思ってもみませんでした。

あともう1つ辛かったことがあります。

それは、とっても忙しくて残業が多くて疲労困憊!

日勤で、てっぺん超えの日もありました。ご飯作る気力も体力もなくて、毎日コンビニ弁当食べてました。寮に帰って、疲れ果てて部屋まで辿り着かずに廊下で寝た日もありました。てっぺん超えで、そこから先輩たちを3時くらいまで飲んでほぼ寝ずにディズニー行ったこともありました。※これは若さゆえです笑。今じゃ絶対に無理!

momo
本当に辛いなら辞めてしまえばいい。確かにそれでもいいかもしれません。でも、私は辞める勇気がないので続けました。

今となってはこの辛かった看護師1年目で経験してきたことが、全て財産!

どんなことがあっても、あの頃よりはマシだと思えるからです。

辛いことがあった時はそう思って乗り越えています。

看護師1年目の皆さんに少しでも響いてもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です